宅配クリーニングと店舗型クリーニングの違いは?

ホーム ≫ 宅配クリーニングと店舗型クリーニングの違いは?

宅配クリーニングと店舗型クリーニングの違いは?

宅配クリーニングと店舗型クリーニングには、どのような違いがあるのでしょうか。各特徴、メリットとデメリットを紹介します。

宅配クリーニングは、宅配便で衣類や布団などクリーニングに出す物を集荷してもらうので、クリーニング店に直接出向く必要がありません。インターネットから24時間注文ができるので、自宅にいながらいつでもサービスを利用できます。 クリーニング店が開いている時間に行けない人、子育てや介護をしていて家をなかなか空けられない人にとって便利なサービスです。

ネットで注文すると、専用の集荷キットが届きます(会社によっては、自分で箱や袋を用意する場合もあります)。あとは衣類や布団を詰めて送ると、数日後にクリーニングされて戻ってきます。 基本的に全国各地どこに住んでいても、インターネットで注文すれば宅配便の会社が集配に来てくれます(会社によって一部除外されている地域もあり)。また、自宅での集荷だけではなく、コンビニで集荷してくれるところもあります。

デメリットを挙げるとすると、クリーニングに出して戻ってくるまでに時間がかかってしまう点。急ぎのクリーニングに対応している会社もあるので、仕上がりまでの時間を確認してから利用するようにしましょう。

店舗型クリーニングは、集配サービスをしているところもありますが、自分で直接お店に衣類や布団を持ち運ぶのが一般的。衣類の量によっては持ち込む時の負担が大きいですが、お店の人と顔が見えるお付き合いができます。お店の人とのコミュニケーションが密にとれるので、衣類や布団の気になる汚れがあれば、「しみや黄ばみが気になるのだけど、クリーニングで着キレイに落とせますか?」と直接尋ねたり、不明な点があれば店員さんが丁寧に説明してくれます。

また、店舗型クリーニング店に行く場合、お客さんが混み合い待たされることもあります。その点、宅配クリーニングでは宅配便で荷物を送るので、待たされることもなく、クリーニングが済んだらあとは返送されるので、時間をムダに過ごすこともなくて済みます。

宅配クリーニング独自のサービスとして、衣類の保管を行っている会社もあります。季節はずれでしばらく着る予定がない衣服を、次のシーズンまで保管してもらえるので、収納に困ることもありません。 また、宅配クリーニングでは、布団やカーテンなどが取り扱っているところもあります。このような大物は自分でお店に持って行くのは大変! 家まで集配に来てくれる宅配クリーニングを賢く利用したいですね。