みんなの洗濯体験記

ポケットの中を確認せず洗濯

私の年齢は、32歳で今はパート従業員として働いています。
今まで私が自宅で洗濯をしていて失敗した事があるので、少しですが書いていきたいと思います。

私の年齢は、32歳で今はパート従業員として働いています。私が自宅で洗濯をしていて失敗した事が2つあるので書いていきます。

ズボンのポケットに携帯電話を入れたまま洗濯機へ

まず1つ目の失敗。いつも私は休日に仕事着を自分で洗濯するのが毎週末の日課になっています。いつもであれば、仕事着のズボンの中に何か入っていないかをチェックしてから洗濯機に入れるのですが、その時に限って、チェックするのを忘れてしまいました。その当時は、ライオンの部屋干しトップ除菌EXの粉末洗剤を使用し水洗いとすすぎと脱水をしていました。

私は、その時薄型の携帯電話を使っており、携帯電話をズボンのポケットに入れた状態で洗濯機を回してしまいました。その結果、水没した事で携帯電話に入っていたデータがすべて消えてしまい、しかも携帯電話の分割金が後6回残っていたので、新しい携帯電話合わせて2台分の分割金と月々の使用料金を半年間支払い続けなければならなくなりました。私生活がとても苦しくなったので、今でも鮮明に覚えています。

手編みのセーターをネットに入れず洗ってしまいヨレヨレに

2つ目の失敗は、去年の年末の話です。お正月前に父親が実のお姉さんが手編みで編んでくれたお気に入りのセーターを母親はネットにも入れずに洗ってしまいました。水洗い、すすぎ、脱水をセットしていた母親が途中で気づき洗濯機を止めましたが、時はすでに遅くよれよれになってしまいました。その時は、最近テレビなどで話題になっている洗濯洗剤と柔軟剤が一緒になったアリエールのリビングドライジェルボールを使って洗濯をしていました。

なんとそのセーターの中には、銀行で引き出したばかりの年末年始に使う予定の食費と甥っ子や姪っ子達に渡すお年玉が入っていました。
お金は、すぐにドライヤーで乾かしましたが、しわしわで使える状態ではありませんでした。年末で、銀行も閉まっており難儀しました。

セーターは、母親と私でお金を出し合ってプレゼントし、食費とお年玉は姉夫婦に立て替えてもらいました。

電話に夢中になりポケットの中を確認せず洗濯

母親になぜセーターをネットに入れずに洗濯してしまったのかと聞くと、電話をかけながら洗濯機を回したとのことです。くしくも姉にアリエールのリビングドライジェルボールの使い心地について話していたそうです。話に夢中になり、片手間で家事をしていたのが原因のようです。私は、セーターをネットに入れて洗わないとこんなによれよれになってしまい縮んでしまう事がわかりビックリしました。

みなさんも、洗濯機を回す時は、ポケットの中に何か入って無いか、一般衣類として洗濯して良いのかをよくチェックしてから洗濯機を回さないと、後々痛い目をみることになるかもしれません。いつもしていることなので、ずっと注意を払い続けるわけにもいかないかもしれませんが、いつもの事だからこそ丁寧に行うというのも大事かもしれません。

体験談
メニュー