みんなの洗濯体験記

漂白剤選びで失敗。彼のズボンが色落ち

カレーのシミを取ろうと彼のズボンを手洗い

28歳、飲食店接客アルバイトをしています。交際中の彼氏が、ある日私の家に泊まりにきました。 その時家で一緒に夕食を摂っていたのですが、彼が自分の穿いているズボンにカレーを落としてしまったのです。

すぐに拭きとりましたが、カレーのシミまでは取れませんでした。 グレーのズボンで彼のお気に入りという事もあって、何とか綺麗にしてあげたいなと思ったのです。 丁度クリーニング店が休みの日という事もあり、私が家で彼のズボンを洗濯しました。

塩素系漂白剤を使ったため、シミだけでなく色まで落とすことに

漂白剤を使ったせいで、シミの部分だけが色落ちして洗濯に失敗してしまったのでした。 その時使ったのは、花王衣料用塩素系漂白剤とウルトラアタックNeoという洗剤です。 この漂白剤は、職場の制服やエプロンを洗う時に使っていて、とてもよく汚れやシミが落ちるので重宝していました。 ですからこの時も、この漂白剤ならカレーのシミが落ちると思って使ったのです。

ズボンのシミがついている部分にこの漂白剤を付けて、そのままぬるま湯を溜めたバケツに入れ、半日置いて置きました。 その後洗剤で普通に洗ったのです。 いつもならこうしておけば綺麗に汚れは落ちています。

しかし、この漂白剤がズボンの色まで落としてしまいました。

実は後から知ったのですが、塩素系漂白剤は強力ですがそのかわり、色落ちしやすいようなのです。 彼のズボンのシミがついていた膝の部分は、色が薄くなりそこだけ白っぽくなってしまいました。

私の職場の制服もエプロンも白いので、この塩素系漂白剤で色物を洗ったのは初めてでした。 だから気づかず、本当に後悔しました。

同じデザインのズボンをプレゼント。酸素系漂白剤を使うようになった

彼にそのズボンを見せて、「本当にごめんなさい」と謝りました。 彼は全然気にしてないし、沢山着たから全然いいよと言って許してくれました。 でも申し訳なかったので、同じデザインのズボンを見つけて私が買い直し、彼にプレゼントしました。

幾ら「衣類用」と書かれていても、塩素系の漂白剤の場合は色落ちする事もあるのだと、初めて知った出来事でした。 今まで洗濯で失敗した事がなかっただけに、かなりショックでした。 グレーのズボンの一部分だけが真っ白になっているのを見て、文字通り血の気が引いたのです。

現在は、塩素系・還元系の漂白剤は真っ白な衣類、例えばシェフの制服や帽子、白いシャツ、もしくはおしぼり・タオルにしか使えないと理解しています。 酸素系漂白剤は、色付きの衣類に使っても色落ちがしないので、こちらを買うようにしました。 勉強になったとはいえ、もう二度とあんな失敗は避けなければいけないと思っています。

体験談
メニュー