みんなの洗濯体験記

ベテラン主婦もやってしまった、色移り問題

私は30代後半の主婦です。
いつも家族の洗濯は全て毎回私がしており、 新品で色落ちしそうなもの以外は特に細かく色分けなどせずに粉末洗剤を使って洗濯しています。

長年の経験からどういったものが色落ちしやすいかわかっているつもりでしたが、一度派手に失敗した経験があります。

洗濯の経験は長い私の失敗!白い肌着に赤のジャージの色がうつってしまった

それは息子の真っ赤なジャージと真っ白な肌着を一緒に洗ったときです。

ジャージは息子がスポーツをして汗だくになった状態でした。
湿ったまま半日ほど放置した後に真っ白い肌着だけではなく他にもたくさんの洗濯物と一緒に洗いました。

いつも通り洗濯機に任せた洗い方で、いつもの粉末洗剤を使った通常の方法です。
柔軟剤などは普段から使っていないのでそれだけです。
お風呂の残り湯を使うこともありますが、その日は残り湯がたまっていなかったので蛇口からの水で直接洗いました。

他の洗濯物は被害がなく大丈夫だったのですが、真っ白かった肌着は驚くほど綺麗なピンク色に染まってしまいました。
すぐに赤いジャージから色移りしたと気が付きましたが、一度も洗ったことがないジャージではなかったので新品ではなくてもこういうこともあるのかと考えました。

思い返してみると、過去にも似たようなことがありました。
雨で濡れたズボンを他のものと洗ったときに濃い色が他の洗濯物に移ってしまったことです。

今回も汗で濡れた状態のジャージをしばらく放置してから洗ったので、色落ちが始まったような状態のものだったのかもしれません。
一概には言えないのかもしれませんが、過去にもそういうことがあったということは濡れたものは色落ちしやすいということかと結論づけました。

ちなみに真っ白だった肌着はあんなにピンク色になったというのに、真っ赤なジャージは真っ赤なままでした。
それがとても不思議でした。
色落ちするのであれば濃い方の洗濯物の色が逆に薄くなりそうなものではないのでしょうか。
そのおかげでジャージは普通に着ることができるので助かったとも言えますが、原理がよくわからず頭をかしげました。

色移りした肌着の行く末は?

染め上げたようにピンクになった肌着の行く末ですが、家で着る分には問題ないという優しい息子の考えで「ピンク色の肌着」として家限定で着てもらっていました。
しかし、何度かその姿を見るうちにかわいそうになってしまい、結局すぐに処分しました。
さらに、その時の洗濯物を後から見て見ると、白いタオルにも色が移っていたことがわかりました。
そのタオルは肌着と違って縞模様のようなランダムにピンクが入った状態でした。
洗濯機の中でヨレていたからなのだと思います。

タオルは人前でも使うスポーツ用だったうえに染まり方もあまりに汚らしかったので、「ピンクのタオル」として活躍させることは不可能でした。
息子のお気に入りだったので申し訳なかったのですが、さすがの息子も使えないという判断だったのでその日のうちに処分しました。

濃いもの薄いものに分けて洗濯をしていると、水道代も洗剤もその分かかってもったいないという思いで節約の観点からも一度に洗っていたのですが、このように色移りをして活用していた服やお気に入りのものが無駄になる経験をしてしまうと、節約どころかとても無駄になることをしていると感じました。

それからは一度にたくさん洗わない習慣をつけて、濡れたものはすぐに単独で洗うか乾かしてから濃い色のものだけで洗うように変えました。
そうしてからは色移りの失敗は一度もありません。

洗濯への意識が高まった経験のおかげで、家事の中でも楽なジャンルとして捉えていた洗濯への意識が変わりました。
これからも気をつけていき、家族のお気に入りを無駄にすることなく守っていきたいです。

体験談
メニュー