みんなの洗濯体験記

意外に難しかったスーツの自宅洗い

43歳の専業主婦です。
スーツのクリーニング代って意外にかかるものです。特に主人は汗っかきの体質なので、かなり頻繁にクリーニングに出していました。そのため、せめて少しでも節約しようと主人の夏用のスーツをウォッシャブルスーツに買い換えました。これなら、クリーニング代がかなり節約できると考えたからです。しかし、実際自宅でスーツを洗ってみると、意外に手間がかかることを知りました。

ネットに入れ、専用の洗剤を購入し、いざ洗濯機へ

いざ、自宅でスーツを洗う時には、かなり緊張しました。洗ったことがないですし、どうなるかがかなり不安だったからです。ですが、折角クリーニング代を節約しようと思って買ったスーツですので、とりあえずチャレンジしてみようと思いました。洗うことができるウォッシャブルスーツなんだからと、自分に言い聞かせながら勇気を出して洗いました。

型崩れしないようにネットに入れて洗濯機で洗うことにしました。ネットは100円均一で購入した、ドライマーク用のネットです。スーツが入るぐらいの少し大き目のものをスーツとズボン用2枚使用しました。ズボンの方は、3つ折りにしてネットに入れました。しかし、スーツが以外に大きく、なかなかネットに入らなかったので、かなり強引にコンパクトサイズに畳みました。なんだかこのあたりから怪しい雰囲気が漂っていましたが、それでも、もう洗うと決めたからには手を止めることはありませんでした。

使った洗剤は、花王のホームクリーニングエマールです。ドライ製品も洗えるとの表示があるので安心です。実家でも母がこのエマールを使っていたので、そういったこともあり、迷わずこの洗剤を選びました。柔軟剤は使いませんでした。洗濯機のコースは、ドライコースを選びました。

洗濯機のボタンのスタートを押すと、どんどん水が洗濯層に入っていきました。水が溜まってからある程度、洗剤と水が混ざってからスーツを投入しました。どんどん水に浸っていくスーツを見ながら、大丈夫だろうかと不安に思いました。しかし、もう水に入れてしまった以上、後には引けません。とにかくこのまま洗い終わるまでは、洗濯機に任せることにしました。

自宅で洗うには乾いた後のアイロンまで気をぬかないこと

洗い終わったお知らせ音が聞こえたので、すぐに確認したところ、中からかなりシワだらけのスーツ上下が出てきました。あれ、こんなにシワだらけで大丈夫と思いましたが、もしかすると乾く間にシワが取れるのかもしれないと思い、とりあえず陰干しすることにしました。

ドライコースの乾燥はゆるいため、かなりスーツが湿った状態で、乾くのにも時間がかかりました。1日陰干ししたものの、パリッと乾いた状態にはなりませんでした。なんとなく湿ったままの感じでした。しかも、スボンの方は干し方が悪かったのか、変な痕が残ってしまいました。これはアイロンで消すしかないと思いました。吊り方にも気を配る必要があったのに、それを怠ったのがいけなかったようです。

アイロンは、中温度で当て布をして行いました。しかし、アイロンが元々上手でない私にとっては、これはかなりの難易度の高さでした。スーツのアイロンがけはとにかく難しいのです。いかにプロの人の腕前が素晴らしいかを実感した出来事でもありました。

結局、アイロンをかけたものの、いまいちシワが取り切れてない状態になってしまいました。明らかに洗う前よりヨレヨレになっています。それに、なんとなく洗剤が残っているようなベタつきも感じました。私としては、その点も気になりました。

結局、自宅でのスーツ洗いは失敗しました。その後クリーニングに出して、シワ取りや再形成をしてもらいました。その結果、なんとかまだ着られる状態になったので、主人にそのまま着続けてもらうことにしました。

自宅でスーツを洗ってみて、洗い方、干し方、アイロンがけなどに気を配り、丁寧にできる人でなければ難しいなと思いました。

体験談
メニュー