みんなの洗濯体験記

洗濯ネットに入れずセーターを洗濯

43歳会社員です。まだ、学生の頃の話です。親戚から誕生日かクリスマスにもらったセーターがあり、結構気に入って着ていました。着る頻度が結構高かったためにシーズンの終わり頃になり、結構においも気になりだしていました。

お気に入りのセーターを洗濯ネットに入れず洗濯

セーターなので、洗濯機では洗うのは難しいかなと思い、最初はクリーニング屋さんに持って行くことも考えましたが、貧乏学生なので出費も気になり、調べていたところTVのCMで毛糸洗い専用の洗剤があることがわかりました。(今の時代と違ってわからないことをネットですぐに
調べられる訳でもなかったので情報源も限られていました。)

そして、いよいよ洗濯です。初めてのことなので、興味本位でもちろん自分でやりました。二層式の洗濯機へ水を貯め、購入した毛糸洗い専用の洗剤を入れてからセーターを投入しました。今なら洗濯用のネットなどもあるかと思いますが、そのようなものがあるのも知らない時代です。 洗濯機にはもちろんそのまま投入です。その後はいつもの洗濯と同様にすすぎまでしました。そして、脱水です。イマドキの全自動洗濯機と違い、洗濯層と脱水層が分かれているため、濡れているセーターを脱水層へ投入し、脱水を開始しました。全自動ではないため時間も自分で設定しましたが、どのくらいの時間に設定したかは忘れてしまいましたが、無事に脱水が終わりセーターを取り出しました。

脱水後取り出してみると大幅に縮み、試行錯誤したが戻らず捨てる

広げてみてビックリです。大人用のサイズのセーターがどう見ても子供用サイズくらいの大きさにしか見えません。ただ、何を思ったか干して乾けば元の大きさに戻るのではと考え、そのままベランダへ干しました。その後、セーターは乾いたのですが、大きさはどう見てそのままの子供用サイズ。元の大きさには戻りません。お気に入りのセーターだったために何とか元の大きさに戻らないかと色々と考え蒸気を当てて蒸らせば元の大きさに戻るのではなどと考え、石油ストーブの上にあるやかんから出ている蒸気を当ててみたりと試しますが、もちろん大きさは縮んだままです。結局はそのセーターはそのシーズンだけでお別れすることになってしまいました。

毛糸系の衣類は今でも不安になりながらも洗濯ネットに入れ洗濯機へ

ただ、デザインが気に入っていたために同じものが売っていないかと買い物へ行くたびに色々とお店も探したのですが、残念ながら見つかりませんでした。今でも毛糸系のものを洗う時は縮んでしまったらどうしようと心配しながら洗濯物を洗濯ネットに入れて洗っています。もちろん、それ以来はそのような失敗もなく、毛糸系のものも無事に洗えています。

体験談
メニュー