みんなの洗濯体験記

ライダーズジャケットを自宅洗濯し失敗

レザー製品が大好きで、とりわけライダースジャケットには目がありません。学生の頃から集めはじめ、現在35歳となった今でも頻繁に着用しています。職場(販売業)にもバイク通勤をするため、よく着用しています。

新品のライダーズジャケットを丸洗い。革が縮み風合いが良くなる予定が

さて、そんなライダースジャケットマニアの私ですが、基本的には古着屋さんで70年代、80年代のヴィンテージモノを好んで購入してきました。

そんな中、一度だけ新品のライダースジャケットを購入したことがあるのですが、これがちょっと失敗だったのです。お店で何度も試着し、納得して購入したものの、家に帰って着てみるとなんだか少し大きいではありませんか。

また、新品のため革がすごく硬くてゴワゴワしています。この新品のライダースジャケットを普通に着用していたのでは、今までのヴィンテージ古着のような、経年劣化した革独特の風合いが出るまでには何十年と掛かりそうです。

そこで、以前に耳にしていた、荒業を用いることにしたのです。その荒業とは、洗濯機で丸洗いするという至ってシンプルな手法です。

こうすることで革が縮む効果が期待でき、なおかつ風合いが良くなるというのです。

あと、欧米のパンクバンド、ロックバンドの歌手たちは、新品のライダースジャケットが嫌なので購入してすぐに洗濯機にかけるという話を聞いた事があったのもやってみようと思った理由ですね。とまあ、革製品を素人が洗濯機にかけるのは大変危険な行為にほかなりませんが、思い切ってやってみることにしました。

洗剤を入れず水洗い。洗濯後は理想の形に近づきいい感じ

洗剤など入れずにただただ水だけで洗うだけ。モノがモノだけに脱水に結構時間が掛かりましたが、それでも1時間足らずで完了。

洗濯機から取り出してみると、なんだかいい感じ。水分を吸収しているため、つやがあって、しっとりしていて、この状態で着てみると、かなり体にフィットするのです(もちろん水を含んでいるのでめちゃくちゃ冷たいです)。

コインランドリーで乾燥機にかけ失敗。リサイクルショップへ

あとは、乾燥機にかけるのですが、残念ながら自宅にはそんな代物はおいていないので、近くのコインランドリーへGO!。

1度の乾燥では乾ききらなかったため、結局2、3度乾燥機にかけたのですが・・。仕上がりは最悪でした。

まず、期待していたサイズダウン効果は全くと言っていいほど感じられません。いびつなシワや傷があちこちに発生し、ただただボロくなっただけ。ヴィンテージ古着のような、徐々に刻み込まれていった経年劣化と違い、人工的に短時間のうちに施した小手先の経年劣化はただのダメージでしかありません。

結局、10万円ほど出して購入したライダースジャケットでしたが、数か月後にリサイクルショップで1万円にも満たない金額で買い取ってもらいました。

体験談
メニュー