みんなの洗濯体験記

カシミアのセーターを縮ませる

私は30歳で看護師をしています。私は結婚していて、夫と子どもの3人家族で暮らしています。夫は家事はほとんどやらないので、洗濯もいつも私がやっています。私は看護師をしているので、仕事が忙しくて家事が疎かになってしまうこともあります。特に洗濯をするのが嫌いで、いつも洗濯には無頓着でやっています。洗濯に対して詳しい知識も持っていないので、とりあえず洗濯したいものは洗濯機に入れていました。

ズボンの中にティッシュを入れたまま洗濯

私はある日、子どものズボンを洗ったときに、ティッシュがポケットに入っていることを知らないで洗ってしまいました。そうするとティッシュが洋服にかなりついてしまって、ティッシュを取り除くのにも大変でした。そんなミスはしょっちゅうあります。子どもにはティッシュは出してから洗濯機に入れてといつも言うのですが、子どもも忘れてしまうようです。なので私もちゃんと確認してから洗うべきだなぁと思いました。 あとは、夫の色落ちしてしまいそうなジーンズを私の真っ白のシャツと一緒に洗ってしまったこともありました。やはり色落ちがかなり激しくて、私はシャツを駄目にしたことがありました。ショックでした。

カシミアのセーターを洗濯機で洗い縮ませる

そして一番ショックだったのは、私のお気に入りのカシミアのセーターを洗濯機で洗ってしまって、かなり縮んでしまったことがありました。私はこのセーターだけは洗濯で気をつけていたのですが、仕事で疲れていたせいか気付かずに洗ってしまいました。しかも、おしゃれ着の洗剤ではなくて、一般用の洗剤で柔軟剤も使っていませんでした。 私はその洗ってしまったカシミアのセーターを見てかなり縮んでしまったので、もう着れないと思って、泣く泣く捨ててしまいました。カシミアだったので値段も結構したのですが、洗濯してしまったのは私自身ですし、自分が悪いんだと思って諦めました。もうこのようなことはないように気をつけようと思いました。

2度と失敗しないよう、洗濯機の上にメモを置き再チェック

洗濯してしまったカシミアのセーターは捨ててしまったのですが、また新しいセーターが欲しいと思ってまた買ってきました。私はもう今度こそ洗濯で失敗したくなかったので、洗濯機の上にメモを書いておいて洗濯する前にはもう一度チェックをするように心がけました。自分の洋服が駄目になるのはまだいいのですが、子どもの洋服や夫の洋服やスーツを洗濯で失敗するのだけはもうしたくないなと思いました。気に入っている洋服は誰でもあると思いますし、思い出のある洋服もあると思います。洗濯にはもうちょっと気を使ってやろうと思いました。

体験談
メニュー